--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

12.15

逆流性食道炎

逆流性食道炎。

患者さんと話をしていると、
病院で「逆流性食道炎」と言われたという方が、
結構おられます。

この逆流性食道炎とは一体どのようなものなのでしょうか?

逆流性食道炎とは、
食道から胃への入り口の部分が何らかの原因で緩んでしまい、
胃液が逆流して喉まで上がってしまう為に、
その胃液で食道の粘膜などが傷つけられる物です。

軽い胸焼けや食べ物がつかえる感じ、
しみる感じ、胸の痛みなど様々な症状がみられます。

予防としては、
腹八分の食事を心がける、逆流を起こしやすい脂っこい食事や
刺激の強い食品は避ける、等があります。

食後にすぐに横になったり、前屈みになったする事も良くないようです。

という事で、最近結構多いみたいなので、
皆様もご注意下さい。

という事で、今日は逆流性食道炎のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL


SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。