--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

11.24

炎症3

炎症3。

前回は炎症が起こった際に冷やすとよい理由を書きました。

今回は、炎症が起こった時に温めた方が良い理由を
書いてみようと思います。

炎症とは、その部分を治そうとする体の反応です。
この炎症反応は温めると促進されます。

炎症反応が促進されるという事は、
体を治そうとする働きが促進されるという事になります。

なので、炎症が起こっている時には、
温めた方が治りが良いという事だそうです。

ただし、炎症が起こっている所を温めると、
炎症がひどくなるので、痛みを強く感じます。

また、怪我などの場合は、血管が破れているので、
温める事で血流がよくなり、出血が激しくなり、
腫れがひどくなります。

このような場合、もし温めるのであれば、
ちゃんと包帯やテーピングで圧迫して
腫れないようにしてから温めないといけません。

確かに理論的には温めるのもありかなぁとは思います。

が、痛みが強くなったり、腫れがひどくなったりするのはつらいので、
私はどちらかというと冷やす方をお勧めします。

という事で、今日は炎症3のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL


SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。