--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.09

足がつるメカニズム

足がつるメカニズム。

足がつる原因は、
ビタミン・ミネラル不足、疲労の蓄積などなどと色々と言われています。

足がつるメカニズムにも色々と説があるとは思うのですが、
私が以前どこかで見て、確かになぁと納得したものがあったので、
今日はそれについて書いてみようかと思います。

筋肉のまわりには筋小胞体というものがあり、
そこにカルシウムイオンが蓄えられています。

脳から「筋肉を収縮させろ」という命令がでると、
その命令が筋小胞体に伝わり、そこからカルシウムイオンが放出されます。

その放出されたカルシウムイオンが筋肉のスイッチにくっつき、
そうする事で筋肉は収縮しているそうです。

が、何らかの原因でこの筋小胞体が破壊されると、
そこに蓄えられていたカルシウムイオンが筋肉中に流れ出てしまいます。

そして、そのカルシウムイオンが筋肉のスイッチにくっついてしまうと、
脳から命令を出していないにも関わらず、勝手に筋収縮が起こってしまいます。

これが足がつるメカニズムの1つの説のようです。

どこで見たのか全く覚えてはいないのですが、
なぜか頭の中に残っていまして…。

という事で、今日は足がつるメカニズムのお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL


SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。