--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.19

食品アレルギー

食品アレルギー。

食品アレルギーでお悩みの方も多いのではないかと思います。

この度、その食品アレルギーの鍵となる分子が特定されたそうです。

その分子はインターロイキン-12と呼ばれる分子で、
生体がアレルギー反応を生じる時に、
この分子の欠如がみられる事が
「英食品研究所」のチームによって示されたそうです。

このインターロイキン-12と呼ばれる分子は、
樹状細胞と呼ばれる細胞から分泌されるそうです。

食品アレルギーがあるマウスと食品アレルギーがないマウスとを比較すると、
食品アレルギーがあるマウスでは樹状細胞でインターロイキン-12が生成されない事がわかったそうです。

この結果が本当であれば、
この樹状細胞という細胞からインターロイキン-12が生成されるようにする治療やインターロイキン-12を補う治療によって、食品アレルギーの治療が可能になるという事になります。

今後に期待したい所ですね。

という事で、今日は食品アレルギーのお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(2)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL


食品食品(しょくひん)とは、人間が、そのまま手を加えず、または調理をした後に食べるもの、あるいは食べることを想定して作られたもののことであり、大きく生鮮食品と加工食品に分けられる。基本的には、体内で合成不可能な栄養素を摂取するためのものであるが、人体には

2007/09/30(日) 11:31:08 | 安全な食品


インターロイキンインターロイキン(Interleukin)とは一群のサイトカインで、白血球(''leukocyte'' から''-leukin'')によって分泌され、細胞間(''inter-'')コミュニケーションの機能を果たすものをいう。ILと略される。初め個別に命名されリンフォカインやモノカイン

2007/10/07(日) 10:47:51 | 体が元気になるならない物質


SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。