--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

10.25

第4頸椎

第4頸椎。

第4頸椎の下からは第5頸神経(C5)が出て行きます。

この、第5頸神経は第6~8頸神経(C6~8)、第1胸神経(T1)と共に、腕神経叢を形成します。
これらの神経は前斜角筋と中斜角筋の間から出て行きます。

第5頸神経は、
菱形筋や肩甲挙筋を支配する肩甲背神経(C5)、
前鋸筋を支配する長胸神経(C5~C7)、
鎖骨下筋を支配する鎖骨下筋神経(C5)、
棘上筋、棘下筋を支配する肩甲上神経(C5~C6)、
肩甲下筋と大円筋を支配する肩甲下神経(C5~C7)、
広背筋を支配する胸背神経(C5~C8)、
大胸筋、小胸筋を支配する外側胸筋神経(C5~C7)、
上腕の屈筋群を支配する筋皮神経(C5~C7)、
前腕の屈筋群、母指球の筋、第1、2虫様筋を支配する正中神経(C5~T1)、
上腕の伸筋群、前腕の伸筋群を支配する橈骨神経(C5~T1)、
小円筋と三角筋を支配する腋窩神経(C5~C7)
となります。

また、C3~C5からでる横隔神経は首の前から降りていき、横隔膜を支配します。

今日は第4頸椎から出る神経について書かせて頂きました。

次回は第4頸椎が歪む事により出るであろう症状について
書かせていただこうと思います。

という事で、今日は第4頸椎のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

10.18

第3頸椎

第3頸椎。

第3頸椎の下からは第4頸神経がでてます。
この神経は以前に書いた神経と同様なので、
前回同様、神経に関しては省かせていただいて、
第3頸椎が歪むとどういう症状が出るのかについて、
書いてみようと思います。

第3頸椎が歪む事で、
ほお、外耳、顔、骨格、歯、三叉神経、肺
などに影響がでるそうです。

また、
神経痛、神経炎、にきびまたは吹出物、湿疹
などの症状が発生するそうです。

という事で、今日は第3頸神経のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

10.04

第2頸椎

第2頸椎。

第2頸椎の下からは第3頸神経がでてます。
この神経は前々回書いた第1頸神経、第2頸神経と同様なので、
神経に関しては省かせていただいて、
第2頸椎が歪むとどういう症状が出るのかについて、
書いてみようと思います。

第2頸椎が歪む事で、
目、視神経、聴神経、鼻腔、乳様突起骨格、舌、額および心臓
などに影響がでるそうです。

また、
鼻の障害、アレルギー、視覚障害、聴覚障害、丹毒、耳痛、気絶発作
などの症状が発生するそうです。

という事で、今日は第2頸神経のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。