--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

09.27

第1頸椎その2

第1頸椎その2。

前回は第1頸椎から出ている神経について書かせて頂きました。

今日は、その第1頸椎が歪むとどういう症状が出るのかについて、
書いてみようと思います。

カイロプラクティックなどでは次のように言われているみたいです。

第1頸椎が歪む事で
頭、脳下垂体、頭皮、顔、脳、中耳の骨格、
交感神経系および目への血液供給などに影響がでるそうです。

また、
頭痛、神経過敏、不眠症、鼻風邪、高血圧、片頭痛、精神障害、ノイローゼ、
健忘症、てんかん、小児麻痺、ねむり病、慢性疲労、めまい、舞踏病、
などの症状が発生するそうです。

まあ、私はカイロプラクティックをやっている訳ではないので、
詳しい事はわかりませんが…。

という事で、今日は第1頸椎その2のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

09.20

第1頸椎

第1頸椎。

第1頸椎からは第1頸神経と第2頸神経が出て行きます。

第1頸神経は、第1頸椎の上(後頭骨と第1頸椎の間)から出る神経、
第2頸神経は、第1頸椎の下(第1頸椎と第2頸椎の間)から出る神経です。

この、第1、第2頸神経は第3、第4頸神経と共に、頸神経叢を形成します。

神経叢とは、
人間の体の特定の場所に神経細胞が集まり、
網目状の形体を作っている部分を言います。
体の同じ部位につながる複数の神経は、
神経叢ですべて1本の神経にまとめられます。

これらの神経は皮膚に分布する皮枝と筋肉に分布する筋枝とに分けられます。

頸神経叢の皮枝には、
小後頭神経、大耳介神経、頸横神経、鎖骨上神経があり、
頸部から肩に至る皮膚に分布しています。
これらの神経は胸鎖乳突筋の後縁のほぼ中点から皮下に現れます。

頸神経叢の筋枝は舌骨下筋群(胸骨甲状筋、甲状舌骨筋、胸骨舌骨筋、肩甲下骨筋)、オトガイ舌骨筋を支配します。

今日は第1頸椎から出る神経について書かせて頂きました。

次回は第1頸椎が歪む事により出るであろう症状について
書かせていただこうと思います。

という事で、今日は第1頸椎のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

09.13

脊柱

脊柱。

人間の体には、7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、
1個の仙骨(5個の仙椎が癒合した物)、
1個の尾骨(3~5個の尾椎が癒合した物)があり、
これらによって脊柱が構成されています。

また、それらを構成する1つ1つの骨の事を椎骨と呼びます。

カイロプラクティックなどでは、
これら脊柱の歪みをとり、まっすぐにしてあげる事で、
症状を取り除いていきます。
(脊柱以外の歪みを見ていく事もあるだろうと思いますが…)

この件で、患者さんから質問がありましたし、
私自身もちょっと興味がありましたので、
次回からはそれぞれの椎骨について、
この椎骨がゆがむとこういう症状が出る、
などといった事を書いていってみようと思います。

という事で、今日は脊柱のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

09.06

悪性腫瘍2

悪性腫瘍2。

前回は悪性腫瘍は癌と肉腫に分類されるという事を書かせて頂きました。

癌も、その癌の種類によっていくつかに分類されますので、
今日はその分類について書かせて頂こうと思います。

・扁平上皮癌
扁平上皮とは、皮膚や粘膜など体の表面を覆っている組織です。
その組織に発生する悪性腫瘍の事を扁平上皮癌と呼びます。
皮膚癌や食道癌、肺癌などがこれにあたります。

・腺癌
腺癌は、身体内部の分泌物を出す上皮から発生する癌です。
消火器や前立腺、甲状腺などに発生します。

・未分化癌
未分化癌とは、発生の基となった細胞が確認できない癌の事を言います。
上皮性の組織から発生した悪性腫瘍である事はわかっているのですが、
それが扁平上皮癌なのか腺癌なのかがはっきりしないものです。
体のどの場所にも発生し、増殖・転移も早く、悪性度が高い傾向にあります。

という事で、今日は悪性腫瘍2のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。