--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

11.24

炎症3

炎症3。

前回は炎症が起こった際に冷やすとよい理由を書きました。

今回は、炎症が起こった時に温めた方が良い理由を
書いてみようと思います。

炎症とは、その部分を治そうとする体の反応です。
この炎症反応は温めると促進されます。

炎症反応が促進されるという事は、
体を治そうとする働きが促進されるという事になります。

なので、炎症が起こっている時には、
温めた方が治りが良いという事だそうです。

ただし、炎症が起こっている所を温めると、
炎症がひどくなるので、痛みを強く感じます。

また、怪我などの場合は、血管が破れているので、
温める事で血流がよくなり、出血が激しくなり、
腫れがひどくなります。

このような場合、もし温めるのであれば、
ちゃんと包帯やテーピングで圧迫して
腫れないようにしてから温めないといけません。

確かに理論的には温めるのもありかなぁとは思います。

が、痛みが強くなったり、腫れがひどくなったりするのはつらいので、
私はどちらかというと冷やす方をお勧めします。

という事で、今日は炎症3のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

11.17

炎症2

炎症2。

前回、炎症の話を書いたせいなのか、
風邪を引いてしまいました

ところで、炎症ですが、
冷やした方が良いという方と、
暖めた方が良いという方とおられます。

という事で、今日は冷やす方について書いてみます。

まず、炎症が起こると、熱を持ちます。
なので、そこを冷やしてあげると熱が冷め、楽になります。

あと、怪我した際などには血管が破れてますので、
患部を冷やし、血管を収縮させる事で、
患部での出血量が少なくなり、その結果腫れが少なくなります。

以前読んだ本に、以下のような事も書いてありました。

冷やす事で、その患部の周りにある細胞を仮死状態にする事が出来るそうです。

怪我をして血管が破れてしまうと、
患部の周りにある細胞に栄養が運ばれません。

そうすると、周りの細胞は死んでしまいます。

が、細胞を冷やして仮死状態にしてしまうと、
その細胞に栄養が行かなくても、細胞は死にません。

なので、死んでしまう細胞の数も少なくなり、
その結果として治りも早くなります。

まだ、他にもあるかもしれませんが、
冷やすとこのようなメリットがあります。

という事で、今日は炎症2のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

11.10

炎症

炎症。

炎症とは、
体がなんらかの有害な刺激を受けた時に起こる防御反応であり、
体が修復していく過程で必要不可欠な生理的現象です。

骨折したり、捻挫したりした時、
また風邪を引いた時やその他諸々の状況で炎症反応が起こります。

炎症が起こると、
発赤(赤くなる)、熱感(熱くなる)、腫脹(はれてくる)、疼痛(痛くなる)、機能障害
が出てきます。

この5つの症状は炎症に特有の症状なので、
「炎症の5徴候」と呼ばれています。

炎症が起こった時、
一般的には冷やした方が良いと言われていますが、
温めた方が良いという先生もおられます。

次回はそのあたりの事を書いてみようと思います。

という事で、今日は炎症のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

11.03

しみ・そばかす

しみ・そばかす。

しみやそばかすは、
光などの刺激によって黒っぽいメラニンが
肌に生成される事が原因です。

このメラニンの生成を抑制する働きがあるのが、
ビタミンCなどの抗酸化物質だそうです。

その中でも特にアセロラはレモン果汁などに比べて
30倍近いビタミンCが含まれ、
抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富に含んでいるそうです。

また、ビタミンCの摂取は空腹時よりも食後の方が
吸収効率が良いそうなので、
ビタミンCを摂取される場合には、
食後に摂取されてみてください。

あと、もし足の裏や手のひらに
黒くて色むらのあるほくろのようなものが出来た場合には、
皮膚癌の可能性もありますので、
そのような場合には早めに病院で検査されてください。

という事で、今日はしみ・そばかすのお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。