--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

10.27

椅子の高さ

椅子の高さ。

長時間椅子に座っていると腰が痛くなるという方も
多いのではなかろうかと思います。

以前、勉強会で椅子の高さに関する話を聞きました。

椅子の高さは、
足の裏を地面につけて椅子に座った時に、
膝と股関節の高さが同じになる位の高さが良い、
との事でした。

皆さんも普段ご自分が使われている椅子の高さを、
確認されてみてください。

という事で、今日は椅子の高さのお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

10.20

肩のリハビリ

肩のリハビリ。

先日、勉強会に行ってきました。
そこで、インテルに所属している日本代表のサッカー選手である長友選手の
トレーナーをしている先生のお話がありました。

色々とトレーナー活動などについての話をして下さりました。

その中で、数ヶ月前に長友選手が肩関節を脱臼した時の話がありました。
今回は手術はしないという事になったので、
肩のリハビリの方法をDVDにいれて、
それを長友選手にあげたという話をされていました。

そして、その内容がYoutubeで見る事ができるという事です。

Youtubeで「肩リハ」で検索するとでてきます。

この中に出てくる「肩リハ」というタイトルが入っているものが、
その先生のもののようです。

興味がある肩はご覧になられてみて下さい。

という事で、今日は肩のリハビリのお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

10.13

テニス肘の原因

テニス肘の原因。

テニス肘とは、肘の外側が痛くなる事です。
(手のひらを前に向けてまっすぐ立った時に外側にくる部分)

このテニス肘、前腕部分の筋肉の異常によって引き起こされたり、
上腕の裏側の筋肉(上腕三頭筋)の異常によって引き起こされたりします。

原因となっている筋肉を緩めてあげると、治っていきますので、
どちらが原因なのかわかると助かります。

そして、どちらが原因なのかを見分ける方法があります。

手の甲を上にして手を前に伸ばし、
人差し指を上から押さえて抵抗しながら人差し指を手の甲側に上げようとして痛みが出た場合、もしくは中指を上から押さえて抵抗しながら中指を手の甲側に上げようとして痛みが出た場合は、前腕の筋肉の異常が原因だそうです。

薬指を上から押さえて抵抗しながら薬指を手の甲側に上げようとして痛みが出た場合は、上腕の裏側の筋肉(上腕三頭筋)の異常が原因だそうです。

テニス肘でお悩みの方は一度試されてみてください。

という事で、今日はテニス肘の原因のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2011

10.06

運動のしすぎ?

運動のしすぎ?

膝などを痛めている方で、
あまりじっとしていないで少しは運動した方がよいですか?
というような事を良く聞かれます。

確かに、あまりにも動かさないと、
関節が固まってしまい、動かなくなってしまう事もありますし、
筋力も少しづつ落ちてしまいます。

なので、ある程度は動かした方が良いと思います。

ここで、問題になってくるのが、
どの位の運動をすれば良いのかという事です。

目安は、
運動をした次の日の朝の状態で判断できます。

運動をした次の日の朝、痛みが強くなっているようでしたら、
運動量が多すぎるという事になります。
そういう場合は少し運動量を減らされた方が良いです。

運動しないといけないと頑張りすぎて、
症状をよりひどくされている方も時々おられますので、
そういう方はこれを目安にされてみてください。

という事で、今日は運動のしすぎ?のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。