--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.26

アルミニウム

アルミニウム。

アルミニウムは現在の生活では欠かせない物になっています。

しかし、体の中に過剰に蓄積されると、問題が生じるようです。

アルミニウムはあらゆる所に存在していますので、食べ物・水・空気を介して体内に入ってくる事もありますが、その量はあまり多くなく、着色料や防腐剤、医薬品や化粧品、歯磨き粉、シャンプー、アルミ鍋やアルミホイル、アルミ缶などから体内に入ってくるアルミニウムが多くなっているそうです。

人体には、アルミニウムが60mg程度存在しているそうですが、アルミニウムがどのような役割を担っているのかは分かっていないそうです。

アルミニウムが欠乏にした動物実験でも特に異常が見られない事から、生体に必須な元素とは考えられていないようです。

しかし、アルミニウムが過剰に体内に入ってくると、骨が弱くなったり、筋肉が萎縮・硬化したりするそうです。
又、脳に蓄積すると、アルツハイマーを引き起こす原因になっている可能性もあるそうです。

みなさまもご注意下さい。

という事で、今日はアルミニウムのお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

07.19

食品アレルギー

食品アレルギー。

食品アレルギーでお悩みの方も多いのではないかと思います。

この度、その食品アレルギーの鍵となる分子が特定されたそうです。

その分子はインターロイキン-12と呼ばれる分子で、
生体がアレルギー反応を生じる時に、
この分子の欠如がみられる事が
「英食品研究所」のチームによって示されたそうです。

このインターロイキン-12と呼ばれる分子は、
樹状細胞と呼ばれる細胞から分泌されるそうです。

食品アレルギーがあるマウスと食品アレルギーがないマウスとを比較すると、
食品アレルギーがあるマウスでは樹状細胞でインターロイキン-12が生成されない事がわかったそうです。

この結果が本当であれば、
この樹状細胞という細胞からインターロイキン-12が生成されるようにする治療やインターロイキン-12を補う治療によって、食品アレルギーの治療が可能になるという事になります。

今後に期待したい所ですね。

という事で、今日は食品アレルギーのお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(2)  コメント(0) 

    2007

07.12

はしか

はしか。

しばらく、はしかが流行してまして、大変騒がれていましたが、
最近ではあまりニュースで見る事もなくなりました。

ちょっと気になったので、
調べてみました。

はしかの患者数は、
現在減少しているとの事でした。

今後は、今年の反省を踏まえ、はしかの免疫を持つ比率が低い10~20代のワクチン接種を徹底する、これまで1歳~7歳半までの1回接種だったのを「小学校就学前の2回接種」に変えるなどを実施していくそうです。

一時はどうなる事かと思いましたが、
現在減少しているとの事で、
ちょっと安心しました。

という事で、今日ははしかのお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(1)  コメント(0) 

    2007

07.05

RMR値

RMR値。

昨年の3月に
身体運動におけるエネルギー消費量」という項目で書かせていただきましたが、
今回、その件に関しまして、
RMR値をもう少し詳しく知りたいとのコメントがありました。

なので、今回、私が持っている資料にあるRMR値を全てエクセルに打ち込みましたので、もし必要のある方はこちらからダウンロードして下さい。

ダウンロードする
誠に申し訳ありませんが、このファイルを使用した事により問題が発生しても、責任を負う事はできませんのでご了承ください。

あと、前回書いたもの中に、
書き忘れていたものがありましたので、
追加させて頂きたいと思います。

前回書いていたRMRの値は、
20~29歳の男性に対する値でしたので、
それ以外の方は年齢や性別の補正が必要となります。

これは、RMRに乗ずる年齢係数というものがあり、
この値をRMRの値にかけると良いです。

この年齢係数は下表のようになります。

年齢男性女性
161.121.06
171.091.03
181.071.02
191.051.02
20~1.001.00
30~0.950.94
40~0.930.91
50~0.920.89


例えば、前回、50歳の女性が1時間、電気掃除機をかけた際の消費カロリーを実際に計算してみましたが、この際のRMR値は1.7として計算しましたが、実際は
1.7に50歳の女性の年齢係数である0.89(上記表参照)をかけた値(1.7×0.89=1.513)が50歳の女性のRMR値となります。

という事で、今日はRMR値のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。