--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.26

脳梗塞

脳梗塞、みなさんも1度はお聞きになられた事があると思います。

ところで、脳梗塞とは一体どういったものなのでしょうか?

脳梗塞とは、
脳にある動脈が何らかの原因で詰まってしまい、
その先にある部分が死んでしまう事を言います。

詰まった血管によって症状は異なり、
軽い物であれば無症状の物もありますが、
片麻痺や知覚障害が出る事が多いようです。

血管が詰まる原因としては、脳血栓や脳塞栓などがあります。

それでは脳血栓と脳塞栓ではなにが違うのでしょうか?

脳血栓とは、
脳の血管自体に原因があり、
そこで血栓と呼ばれる塊が出来て、
それが詰まるものを言います。

それに対して脳塞栓とは、
脳の血管以外の血管に原因があり、
よそで血栓が出来てそれが脳にまでやってきて詰まったり、
異物(脂肪、空気など)が脳にやってきて詰まるものを言います。

脳梗塞の危険因子には、
高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙などがあげられます。

みなさんもご注意ください。

という事で今日は脳梗塞のお話でした。

後藤整骨院トップページ
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.19

冬に風邪が多い理由

冬に風邪が多い理由。

風邪というと、冬を思い浮かべます。
夏に風邪をひく事もありますが、
やはり冬に風邪をひく事が圧倒的に多いです。

では、なぜ冬に風邪が多いのでしょうか?

これに関しては、小さい頃からずっと疑問に思っていたのですが、
誰に聞いてもはっきりとした答えを聞いた事がありませんで…。
結局今の所、私もよくわかってはおりませんが、
色々と調べてみましたので、
わかった事を書いてみようと思います。

まず、冬風邪の原因となるウイルスは、
低温と乾燥により急激に増殖するようです。
冬場は気温が低く、空気は乾燥しているので、
これらのウイルスが増殖するそうです。

また、空気が乾燥すると、
人間のウイルスを排除する働きも弱まってしまうそうです。

さらに、ウイルスへの感染は、
空気中にウイルスが漂い、それを吸い込むことで起こります。

空気が乾燥すると、ウイルスが空中に漂いやすくなり、
それによって、感染が起こりやすいという事になります。

次に夏風邪の原因となるウイルスは、
高温と多湿を好むようです。
よって夏場の環境で増殖するそうです。

と、ここまでは調べる事ができました。

ここまでの事から比較すると、
冬場は空気が乾燥する事で、人間のウイルスを排除する力が弱まる為、
確かに冬場に風邪をひきやすいというのもわからないではありませんが、
夏場でも夏バテという言葉にあるように、
体力を消耗し、そうするとウイルスを排除する力が弱まってしまうのではないかと思います。

空気が乾燥するとウイルスが空中に漂いやすくなるというのは、
確かに冬場に風邪をひきやすいという事につながるのではないかと思います。
夏場は湿度が高いですので、
ウイルスが空中に漂いにくくなるだろうと思われますし。

あとは、実際に存在する冬場のウイルスと夏場のウイルスの数の違いなんかもあるのかもしれません。

が、これまで色々と調べてみた結果として、
冬場は空気が乾燥するので、ウイルスが空中に漂いやすくなり、
その為、冬に風邪をひきやすいのではないかという結論に、
私の中では達する事ができました。

みなさんはどのように思われますか?

という事で、今日は冬に風邪が多い理由のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.12

デトックス

デトックス。

以前、1度書かせて頂きましたが、
もう1度書かせて頂こうと思います。

デトックスとは、
体の中の毒素を抜く、体内浄化を意味します。

当院のデトックスを簡単に説明すると、
足を電気を流したぬるま湯につけておくと、
その水の色が変化していき、
また、毒素を排出しやすい体に変えていくという物です。

ところで、どのようにして毒素を排出しやすい体に変えていくのでしょうか?

人間の体はマイナスイオンとプラスイオンのバランスによって保たれています。
このバランスが崩れると、代謝が低下し、病気・肌荒れ・便秘・痩せにくい体など、健康体と言えない状態になってしまいます。

これらの原因の1つに、プラスイオンの毒素が大幅に増加し体内のイオンバランスが崩れている事が考えられます。
バランスを元に戻してあげるには、マイナスイオンを体内に入れてあげる事と、プラスイオンを体外へ出す事が必要です。

この機械は足をつけているお湯に微弱な電流を流しながら、たくさんのマイナスイオンを作り出しています。
そして、体内の水分を介して、そのマイナスイオンを体の中に運んでくれます。
マイナスイオンは体に入って行くのと同時にプラスイオンの毒素とくっついて動きだし、体外に運び出そうとします。

よって、この機械は足を浸けるだけで、
毒素を体外に追い出す働きを促してくれます。

ただし、お湯に足をつける事で、毒素自体が排泄されている訳ではありません。
体内のイオンバランスを整える事で代謝機能がアップし、毒素を排泄しやすい体質に変えているのです。

と、このようなメカニズムによって、毒素を排出しやすい体を作っているのです。

料金は1回30分で1500円としております。
この機械だけの御来院でも全然問題ありませんので、
是非、一度お試しください。

詳しい場所などは、下記の後藤整骨院トップページから御覧下さい。

という事で、今日はデトックスのお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

04.05

ビタミン欠乏症状

ビタミン欠乏症状。

ビタミンとは、体内で必要な構成成分ではありますが、
生体内で合成できないので、
微量ではありますが、
栄養素として摂取しなければなりません。

ところで、このビタミンが欠乏するとどのような症状が出てくるのでしょうか?

ビタミンA欠乏。
夜盲症、皮膚の乾燥など。
黄色い野菜と果物、レバー、バター、卵黄などに含まれるそうです。

ビタミンB1欠乏。
脚気、神経炎、疲れ、手足のむくみ、動悸、集中力不足、イライラなど。
穀類、豚肉、牛のレバー、豆類、豆腐、玄米、ごまなどに含まれるそうです。

ビタミンB2欠乏。
口内炎、口角炎、舌炎、口唇炎、目の充血、角膜炎など。
レバー、納豆、ほうれん草、魚介類、卵などに含まれるそうです。

ビタミンB6欠乏。
痙攣、刺激過敏性、アレルギー症状など。
肉類、魚類、落花生、赤ピーマンなどに含まれるそうです。

ビタミンB12欠乏。
悪性貧血、疲れ、動悸、めまい、手足のしびれなど。
貝類、肉類(特にレバー)、魚類、卵、牛乳などに含まれるそうです。

ビタミンC欠乏。
壊血病など。
野菜、果物類などに含まれるそうです。

ビタミンD欠乏。
くる病、骨粗鬆症など。
魚類、きのこ類、卵などに含まれるそうです。

ビタミンE欠乏。
不妊、貧血、しみ、冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなど。
ミルク、卵、肉、植物油、魚脂、種実類に含まれるそうです。

ビタミンK欠乏。
出血性素因(出血しやすい)、骨粗鬆症など。
ほうれん草やかぶの葉など野菜、納豆、乳製品などに含まれるそうです。

ビタミンが欠乏すると、
以上のような症状が現われるそうです。

普通の食事をされている方は大丈夫だと思いますが、栄養が偏っているような方は注意されてみるといいかもしれないですね。

という事で、今日はビタミン欠乏症状のお話でした。

後藤整骨院トップページ

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。