--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

12.31

大晦日

大晦日。

いよいよ今日でこの1年も終わりとなります。

みなさんはどんな1年だったでしょうか?
いい1年だった方、悪い1年だった方、普通の1年だった方。

色々な方がおられるのではないかと思います。

私は今年は3年ぶりの福岡への帰郷や開業、
様々な方々との出会い、
ほんとに色々な事があり、
いい1年だったのではないかと思います。

今年1年、良かった方も悪かった方も普通だった方も、
終わりよければ全てよしといいまし、
最後の1日位は笑って過ごしたいものですね。

皆様方にとって来年が素晴らしい1年になりますように。
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.30

年末年始のお休み

年末年始のお休み。

当院は今年は今日で業務終了とさせていただきました。
来年は1月4日から業務を再開させていただきます。

当院は7月に開業いたしまして、
はや6ヶ月が経過しようとしております。

初めての開業で、
色々とわからない事や大変な事などもありましたが、
なんとか6ヶ月間やってくる事ができました。

これもひとえにみなさんのお陰だと思っており、
感謝の気持ちで一杯でございます。

また、来年からも頑張りたいと思っておりますので、
どうぞ来年もよろしくお願い致します。

という事で、今日は年末年始のお休みのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.24

クリスマス

クリスマス。

いよいよ明日、クリスマスです。
で、今日はクリスマスイブです。

今回は土曜、日曜日という事で、
色々と予定が入っている方も多いのではないかと思います。

が、悲しい事に私には何の予定もありませんで、
今、家でテレビでも見ながらこのブログを書いている次第です。

そういえば、今年は最近まで雪がかなり降ってましたので、
クリスマスにも降るのかなぁと思ってましたが、
昨日あたりからぱたっと降らなくなってしまいました。

クリスマスに雪が降る事は少ないみたいで、
福岡だと10年に2回位しかないそうです。

今年は、と期待してたのですが…。

まあ、そういう事で今日はクリスマスのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.21

大雪

大雪。

なんだかまたしても急に寒くなってきました。

今日の午前中まではそんなに寒くもなかったのですが、
午後から急に大雨となり、その後寒くなってきました。

帰りにはかなり雪も降ってきました。

どうもこの雪は明日まで続くみたいです。

という事は明日朝起きたら雪が積もっているのかもしれません。
さらに道路も凍っているかもしれません。

都市高速は積雪の為、通行止めになっているみたいです。

明日の朝はかなりの渋滞が予想されます。

困りました。

明日は少し早めに起きて、家を出ないといけないなぁと思います。
みなさんもご注意下さい。

という事で、今日は大雪のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.20

筋力の低下

筋力の低下。

最大筋力は、
筋肉の断面積x絶対筋力で表されます。

ここで、絶対筋力とは、
筋肉の断面積1平方センチメートル当たりで発揮する
物理的な力の事です。

この絶対筋力はトレーニングなどで変化する事はありません。
トレーニングをする事で最大筋力があがるのは、
筋肉の断面積が太くなるからです。

では、筋力は何歳位から低下するのでしょうか?

統計的には筋肉の断面積の減少は
25歳位から始まるとされてます。

そして、50歳位でピーク時の90%程度となり、
そこから加速度的に減少し、
80歳位で60%程度になるとされてます。

特に
・大腿四頭筋:太ももの前の筋肉
・腹筋
・上腕三等筋:二の腕の後ろ側の筋肉
が衰えやすいと言われてます。

よって、筋力の低下は25歳位から始まります。

結構早くから始まるものですね。

という事で、今日は筋力の低下のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.15

発汗

発汗。

汗をかかない人はいないと思います。
程度の差はあるとは思いますが…。

では、なぜ汗をかくのでしょうか?

発汗は蒸発により放熱量を増大させて
体温を下げる為のものです。
よって、暑い時に汗をかきます。

発汗は皮下組織にある汗腺によって作られた汗が皮膚表面に分泌される事で、その分泌は神経により調節されています。

汗腺には全身に分布し希薄な汗を分泌するエクリン腺と、腋の下・顔面の一部などに限局して存在し、分泌細胞の成分を含む汗を分泌するアポクリン腺というものがあります。

体温調節に関与するのはエクリン腺から分泌される汗で、アポクリン腺から分泌される汗には体温調節の意味はありません。

アポクリン腺から分泌される汗に含まれる細胞成分が皮膚面に存在する細菌により分解されると、臭いの原因になります。
従って、分泌されたばかりの汗には臭いはありません。

暑い所で起こる発汗を温熱性発汗といい、手のひら、足の裏を除く全身に起こります。

手のひらや足の裏は、難しい暗算などの精神作業をした時や精神緊張状態で発汗が起こります。
この発汗を精神性発汗といい、
この発汗も体温調節の意味はありません。

手に汗を握るとか冷や汗というのは
この精神性発汗によるものです。

この季節、部屋の中が暖かく、汗をかき、そのまま外に出ると、汗の作用により急に体が冷えてしまいますので、ご注意下さい。

という事で、今日は発汗のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.14

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ。

12月も半ばとなり、だいぶ寒くなってきました。
ここ数日は毎日のように雪が降ってます。

今週一杯寒さが続くようですので、
みなさんもお体にはお気をつけ下さい。

ところで、当院では
12月30日(金)~1/3(火)までお休みとさせていただきます。

誠に恐縮ではございますが、
ご了承下さいますようお願い申し上げます。

という事で、今日は年末年始のお知らせのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.13

肉離れ

肉離れ。

先日、うちの兄、友人が肉離れを起こしました。

ところで、肉離れはどのようにしたら鑑別できるのでしょうか?

鑑別するためには次の3つがあります。

・圧痛(押した時の痛み)がある。
・ストレッチ痛(筋肉を伸ばした際の痛み)がある。
・筋収縮時痛(筋肉に力を入れた時の痛み)がある。

上記3つ、全てみたすものを肉離れとします。

これら全てを満たさないものは、
肉離れではなく、筋膜炎であろうと思われます。

治って行く過程としては、
ストレッチ痛・筋収縮時痛がまずなくなっていき、
その後圧痛がなくなる事が多いです。

圧痛がなくなれば完治という事になるのですが、
圧痛が残っていても、ストレッチ痛・筋収縮時痛がなくなれば、運動開始が可能となります。

こういう時には、痛みの強弱に関わらず、
一度整骨院などでみてもらう事をお勧めします。

という事で今日は肉離れのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

12.11

勉強会

勉強会。

昨日もだったのですが、今日も勉強会に参加してきました。

色々な勉強会に参加する事で、
ほんとに色々な考え方があるものだなぁと関心させられると同時に、勉強になります。

しかし、ほんとに施術方法もたくさんあるものです。

その中からほんとに自分にとって必要であると思う施術方法を探しだすのは至難の業だと思います。

とりあえず、色々な勉強会に参加する事で、そのいいとこ取りができるように頑張ろうと思います。

という事で今日は勉強会のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.10

スポーツ心理学

スポーツ心理学。

スポーツの場における選手の心理を考える学問です。

スポーツの場において、
適度の緊張は能力を発揮するのに良いと言われてますが、
緊張が過度になると、実力を発揮できなくなります。

では、過度の緊張とはどのような時に現れるのでしょうか?

これには様々な要因があります。

・その試合における自分の目標や勝敗の予測をする事で、
それがプレッシャーとなり緊張する。
よって、参加するだけの物であれば緊張は起こりにくい。

・相手が自分よりも優れているのではないか
という意識による緊張。

・マスコミや地域の人、家族、友人などによる
過度の期待に応えようとする事による緊張。

・見知らぬ会場や知った人が全くいないような場合の
不安感による緊張。

他にも色々とあるだろうと思います。

それではこの過度の緊張を取り除くには
どうすればいいのでしょうか?

・不安感や精神的動揺を抑制しすぎない。

・監督やコーチなど精神のより所を持つ。

・成功した経験を思い出す。

・部分的な動作より作戦のような全体的な物に意識を集中する。

・行動の方向を示すような助言をする。

このような物があります。

まあ、これを簡単に実行できるような人であれば、
過緊張で悩むような事はないのかもしれませんが…。

また、短時間で勝負がつく種目の方ほど
緊張しやすいという事もあるようです。

これはスポーツの場だけでなく、
一般の生活にも応用できるものだと思います。
もし、あがり症の方がおられましたら、
一度試してみるといいかもしれませんね。

という事で、今日はスポーツ心理学のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.09

ダイエットの経過報告

ダイエットの経過報告。

以前、ダイエットの研究を開始したという事を
書かせていただきました。

現在も進行中なのですが、
初めて2週間位がたったので、
途中経過を報告させていただこうかと思います。

現在、数名のモニターの方達の協力のもと、
日々の体重の増減をチェックしてもらっております。

2~3日で1.0kg位減って、
その後の3日でまた元に戻るといった方もいます。

5日位で1.5kg減って、
その後その体重から変化のない方もいます。

1週間で1.6kgの減ったのですが、
その後1日で元に戻ってしまい、
その後また1.4kg減った方もいます。

まあ、まだ初めて間もないので、
この体重の増減が今回の研究の成果なのか、
それとも、日常生活で起こりうるただの体重の増減なのか。

これはまたこれから検討していきたいと思っております。

今後も時々経過を報告させていただきますので、
ご期待下さい。

という事で、今日はダイエットの経過報告のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.08

頭痛2

頭痛2。

昨日、私の頭痛の話を書きました。

で、今朝起きた時は頭痛は感じなくなってたのですが、
時間がたつにつれ、徐々に頭痛とまでは行きませんが、
頭と目の奥が重たい感じがしました。

今日まで症状が続いたら、
自分で自分を治してみようと思ってましたので、
今日は暇でしたし、やってみました。

首を自分で施術するのはかなり難しいので、
別の箇所でなおそうと考えました。

手や足に全身を投影している所がありますので、
今回は足を使って施術してみる事にしました。

原因は首の後ろかなぁと思い、
色々と首を動かしてみました所、
どうも、首の後ろではなく、首の前面の緊張が強かったので、
首の前面に相当する部分にテープを貼ってみました。

これで、だいぶ楽になったので、
それでしばらく様子を見てみました。

その後、また徐々に症状が出始めてきたので、
今度は首の横の部分に相当する所に
またしてもテープを貼ってみました。

これで、すっきりしました。

その後症状が戻る事なく、今に至ります。

なかなか自分を施術するのは大変ですが、
今回は最近導入したテープを使ってみたのですが、
これが功を奏したようです。

という事で今日は頭痛2のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.07

頭痛

頭痛。

今日は昼頃から少し頭痛がするようになってきました。
風邪を引いた訳ではありませんし、
おそらく筋緊張性頭痛なのではないかと思います。

では筋緊張性頭痛とは一体どんなものなのでしょうか?

筋緊張性頭痛とは、
文字通り、筋肉の過緊張によって引き起こされる頭痛です。
首の後ろや肩の筋肉が硬くなってくると、
それに伴い頭の皮がひっぱられ、
それにより頭痛が発生したりします。
まだ、他にも色々と原因があるのではないかとは思いますが…。

さらにひどくなってくると、
目の奥の方に痛みがでてくる事もあります。

こういう時は原因となっている筋肉を緩めてあげる事で、
症状はやわらいでいきます。

頭痛には他にも色々と種類がありますので、
注意が必要であります。

ところで、
私も自分で自分に施術を行えばいいのでしょうが、
なかなか自分で自分を施術するのは難しく、
結局ほったらかしてまして、
今も目の奥が痛く、頭痛もあります。

明日も続くようだったら、
なんとか努力してみようかと思います。

という事で、今日は頭痛のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.06

睡眠

睡眠。

なんだか最近、少し寝付きが悪くなってきたような気がします。
以前はそんな事なかったのですが…。

しかし不思議な事に、寝つきが悪かった時の方が朝の目覚めがいいような気がします。

これはノンレム睡眠、レム睡眠などが関係しているのではないかと思います。

ノンレム睡眠は、
徐波睡眠とも呼ばれ、4つの段階に分けられます。
段階が進むにつれ眠りも深くなり、
その後レム睡眠へと続きます。
また、ノンレム睡眠時には
心拍数減少、血圧低下、呼吸数減少が見られます。
骨格筋の活動も減少していきます。

レム睡眠は、
閉じているまぶたの下で眼球がゆっくり回転するような運動や左右に急速に動く運動が見られるのが特徴です。
脳波上は起きている時と区別が困難で、浅い眠りとなります。
また、レム睡眠時には心拍数や血圧は大きく変動し、
早い呼吸と無呼吸を繰り返します。
骨格筋の活動はレム睡眠に入ると完全に消失し、
姿勢を維持する筋肉の緊張が急速に消失すると、
頭がカクンと垂れるような動きが起こります。
また夢を見るのもこのレム睡眠と密接な関係があります。

また、レム睡眠時は脳は起きている状態に近く、体の力は完全に抜けている状態なので、体の睡眠と言われてます。
一方、ノンレム睡眠は脳が休まっている状態ですので、脳の睡眠と言われてます。

成人の夜間睡眠においては、
このノンレム睡眠とレム睡眠は平均90分位で1サイクルを作っており、一晩の睡眠で、4~6サイクルが出現すると言われてます。
成人ではレム睡眠の割合は全睡眠時間の20~25%であると言われてます。

という事で今日は睡眠のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(5) 

    2005

12.05

ストレッチ

ストレッチ。

みなさんも一度はされた事があると思います。

ストレッチとは筋肉などをゆるめてあげる方法の一つなのですが、
様々なやり方があります。

で、先日の学会で聞いてきた話によると、
筋肉が少しつっぱる感じの所でとめて、
その姿勢のまま40秒程度じっとしているのがいいそうです。

この40秒は自分で数えるのではなく、
ちゃんと時計をみながら正確に時間を測る必要があります。

大体35秒を過ぎた頃から筋肉などが緩め始めるそうです。

これは自分でやってみると、体感できる事もあります。
ちょうど40秒前後で急にふっと筋肉が緩む感じを
感じる事があります。

ということで皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

という事で今日はストレッチのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(4) 

    2005

12.04

勉強会

土曜日、日曜日と学会で東京に行ってまして、
今日、東京より、福岡に帰ってきました。

基調講演や様々な先生方の発表、治療機器の展示などがあり、
色々と勉強になる事がたくさんありました。

私はこの学会には初めて参加したのですが、
かなり大きな学会のようで、
日本全国から先生方が集まってたようですし、
会場もいくつもあって、同時に様々な講演があってましたので、
どれを聞きに行こうかとあれこれ悩みながら
色々と聞いてきました。

こんなに大きな学会に参加したのは初めてだったので、
少し圧倒されてしまいました。

ほんとに色々と勉強になる事がありましたので、
今後の施術に役立てて行ければと思っております。

という事で、今日は学会のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.02

告知

告知。

明日は学会参加で東京に行かないといけませんので、
誠に勝手ながら、お休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、
よろしくお願い致します。

という事で、今日は告知でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

12.01

ぼや、その2

ぼや、その2。

先日ぼやの話を書きました。

ぼや騒ぎがあり、
消防車がたくさん職場のまわりにやってきたのですが、
本日またしてもたくさんの消防車がやってきました。

2回目という事もあり、
前回ほど派手な登場ではありませんでしたが…。

前と同じ所が原因でやってきたみたいで、
どうもガス漏れか何かのようでした。

ガス警報機が壊れているとかそんな感じなのでしょうかね?
ガス会社の方も来てたみたいです。

結局今回も何事もなかったようで、
消防車はすぐに帰って行きました。

その帰って行く消防車を見てましたら、
その消防車は一方通行の道を思い切り逆走してました。

まあ、いいのですが…。

という事で、今日はぼや、その2のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。