--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.31

食後の眠気2

食後の眠気2。

先日食後の眠気について交感神経・副交感神経のお話、大脳辺縁系のお話を書かせて頂きましたが、
また別の理由もあるという話を聞きましたので、今日はその事を追加として書かせていただこうと思います。

人間は日常生活している際に脳に多くの血液が行っています。
脳はそれだけよく働いているからです。
しかし、ご飯を食べると消化しないといけません。
そうするとその時には血液は消化器官に多く行くようになります。
よって、その分、脳に行く血液の量も少なくなってしまいます。

ので、脳がお休み状態になり、眠たくなってしまうのです。

ほんとに色々な理由がありますが、どれも正解のように思えます。
まあ、正解は1つとは限りませんし、いいのでしょう。

という事で、今日は食後の眠気の追加のお話でした。
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

10.30

スポーツドリンク

スポーツドリンク。

今では色々な種類の物が発売されています。

では、スポーツドリンクで一番最初に作られた物は何なのかご存知でしょうか?

一番最初に作られたスポーツドリンクはゲータレードだそうです。
アメフトの選手が年間何十人も脱水症状の為に亡くなっていた為に開発されたそうです。

ストローがついている容器がありましたが、
あれはアメフトの選手がヘルメットをかぶったまま飲める様に開発されたものだそうです。

また、スポーツドリンクの成分にも色々とあり、その成分により飲み分けをするとさらに良いようです。

運動前にブドウ糖をあまり摂取しすぎると血中のインスリンが上昇し、結果として低血糖を生じさせるので、運動前のブドウ糖の摂取は避けた方がいいです。
よって、運動前にはブドウ糖の入ったスポーツドリンクは飲まない方がよいでしょう。
ポカリなんかはブドウ糖を中心に作られてますが、エネルゲンなんかはブドウ糖でなく果糖を中心に作られてますので、運動前に飲むのはエネルゲンの方がいいようです。

このような感じで色々場面によってスポーツドリンクの持つ役割も変わってくるので、それに応じた飲み方をした方がよいでしょう。

という事で、今日はスポーツドリンクのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.28

ばね指

ばね指。

皆さんの中にこの言葉を聞いた事ある方もおられると思います。

では一体ばね指とは何なのでしょうか?

指を曲げる為の筋肉があります。
その筋肉は指の付近では腱となっておりまして、その腱の周りには腱鞘というトンネルといいますかそういうものが存在します。

で、指を使い過ぎたりすると、その腱に腫瘤のようなものができてしまい、それがその腱鞘をうまく通る事ができずに指を自力では曲げる事ができなくなります。

一生懸命曲げようとするとカクッとした感じがありますが、曲げる事はできます。
が、いったん曲がってしまうと今度は伸ばせなくなります。
まあ、一生懸命伸ばそうとすると伸びますが…。

痛みが強い時にはこううまくは行かないと思います。

これをばね指と言います。

特によく使う親指や中指、薬指に発生する事が多いようです。
ひどい時にははれたり激しい痛みを伴う事もあります。

治療と致しましては、患部の安静保持や電気治療、手術療法などがありますが、手術も良し悪しの様です。

漢方薬なんかも効果があるみたいです。

ばね指も治療には時間がかかりますので、気長に治療を続ける必要があります。

という事で、今日はばね指のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.27

コルセット

コルセット。

使用された事がある方もおられるかと思います。
腰が痛い時などにつけるベルトのようなものです。

コルセットにも腰全部をおおうような大きなものから、単純なベルトのようなもの、中に金属の板が入ったものなど色々と種類があります。

そういったものを腰に巻く事で、体の動きを制限し、さらに体を支えてあげ、損傷している筋肉に負担をかけないようにし、痛みを抑える道具であります。

それではどのように巻くのがいいのでしょうか?

確かに普通に巻くだけでも痛みはだいぶ楽になります。
が、下腹を下から持ち上げるような感じで巻いてあげると、さらに楽になります。

なぜかと言いますと、

下腹を下から持ち上げてあげる事で、お腹の中の圧力(腹圧)を高めてあげる事ができますので、その圧力で体をささえて上げる事ができ、損傷している筋肉に負担がかからなくなるからです。

ただ巻くだけでも、コルセットの強度によって体を支える事ができますので、痛みが和らぎますが、さらに腹圧を高めてあげると効果もよりあがります。

しかし、痛みがあるからといって、ずっと巻き続けるのも問題があります。
というのも、普段は腹筋と背筋を使って体を支えているのですが、コルセットを巻く事でその筋肉をあまり使わなくても体を支える事ができるようになります。

よって、ずっと巻き続けていると腹筋や背筋が弱ってきますので、ますます腰痛がでやすくなってしまいます。

最近では数ヶ月程度なら連続着用しても問題ないといったような事も言われてはいますが、私はあまり連続着用する事はお勧めいたしません。

という事で、今日はコルセットのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.26

プラセンタ注射

プラセンタ注射。

みなさんはご存知でしょうか?
以前からあるみたいですが、最近流行っているみたいです。
といいますか、私も最近までは知らなかったのですが…。

プラセンタ注射とは一体何なのでしょう。

プラセンタとは、胎児の発育成長を担う胎盤から精製された胎盤抽出液の事だそうです。
で、その胎盤抽出液を注射するものがプラセンタ注射という事になります。

では一体どんな効果があるのでしょう。

体質や肝機能の改善、疲労回復、更年期障害、肩こりなどに効果があると同時に、美容効果(肌がきれいになる、若返る、美白、しみ・そばかす・小じわの改善など)もあるようです。
また、アレルギー(アレルギー性皮膚炎、花粉症など)の改善にも効果があるようです。

最近は美容効果の為に注射をされる方も多いみたいです。
聞いた話によりますと、化粧のノリなんかも違ってくるみたいです。

プラセンタ注射は医師でないとできませんので、当然ですが当整骨院では実施しておりません。
プラセンタ注射を取り扱っている病院は近くにありますので、興味のある方はお気軽にお尋ね下さい。

という事で今日はプラセンタ注射のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.25

タンパク質

タンパク質。

3大栄養素の1つです。

良質なタンパク質を十分に摂取する事は体作り、筋肉作りにとって非常に重要となります。

ところで、良質なタンパク質はどういった食べ物に含まれているのでしょうか?
以下に代表的な食べ物を書かせていただきます。

・牛乳:2リットルで1日に必要なタンパク質が摂取できます。
・牛肉:特に牛タン、レバーなど。
・魚:特にさばのタンパク質は良質です。
・卵:自然に存在する最も良質なタンパク質の1つです。
・大豆

などです。

タンパク質の摂取のタイミングですが、運動後のすみやかな摂取が良いといわれています(運動後30分以内)。
なぜなら、運動後には成長ホルモンの分泌が盛んになり、その成長ホルモンがタンパク質の吸収の助けとなるからです。

また、睡眠をとる事で成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、食後に睡眠をとるのもタンパク質の吸収にはいいと思います。

あと、タンパク質だけを摂取するだけでなく、同時に炭水化物を摂取する事も重要です。というのも、炭水化物を摂取する事で、体内のインシュリンが増加し、これもまたタンパク質の吸収を助けるからです。
また、タンパク質と炭水化物を同時に摂取する事で成長ホルモンの分泌も増加されます。

一流のスポーツ選手などは
こういう栄養面にも気をつけているようです。
なかなか大変だとは思いますが。

という事で、今日はタンパク質のお話でした。


ところで、いつもコメントしてくださっているkame2645さん改めkamooさんは、
私の専門学校時代の同級生でありまして、
現在、福岡県嘉穂郡稲築町鴨生で鴨生鍼灸整骨院を開業されている先生です。

学生時代にはいつもわからない事を教えてもらってました。
非常に優秀な先生です。

嘉穂郡方面の方で、腰痛や肩こり、50肩等でお悩みの方は
一度行かれてみて下さい。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.24

筋力

筋力。

読んで字の如く、筋肉の発揮する力の事です。

ところで、筋力の差はどこから生まれるのでしょうか?

筋肉は筋繊維という繊維が集まってできたものですが、この筋繊維の数は生まれつきのものであり、生後その数が増す事はないとされています。
ある程度の年齢までは増えるという考え方もあるようですので、一概にそうだとは言えませんが…。

従って、筋力の増加は筋繊維の太さの増加よるものなのです。

よって、筋力の差というのは筋繊維数の差と筋繊維の太さの差という事になります。
前者は努力によってどうする事もできませんが、後者は努力次第で筋繊維を太くする事が可能です。

ちなみに、自分で最大筋力を出していると思っている筋力であっても、その筋力はその筋肉の出しうる最大筋力の全てを出している訳ではありません。
その筋肉の出しうる最大筋力を発揮すると筋肉を傷めてしまう恐れがあるので、安全の為に脳が制御しているからです。

催眠状態や掛け声を出して筋力を発揮させると、普通の状態で出した最大筋力より大きな筋力が発揮されます。

よってテニスの試合などでサーブを打つ際に声を出すのも、より強い力を出すための手段なのです。

という事で今日は筋力のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.21

食後の眠気

食後の眠気。

みなさんも体験された事があると思います。

それではなぜ食後に眠たくなるのでしょうか?

食事をとると、体は消化活動に入ります。
消化活動が始まると、副交感神経の活動が盛んになります。

一般的に活動時には交感神経の働きが盛んになり、休息時には副交感神経の働きが盛んとなります。
睡眠時にも副交感神経の働きが盛んになります。

よって、食後には眠たくなるのです。

また、睡眠や空腹など本能行動を司っている所は脳にあり、大脳辺縁系と呼ばれています。この部分が空腹や眠たいなどの感情をコントロールしているのです。

しかし、大脳辺縁系という所は色々な本能行動の中で一番欲求の強いものしか感じません。よって、その時、眠たいと思う気持ちよりも空腹感の方が強い時には空腹感しか感じません。が、食事をしてその空腹感が満たされた時、今まで2番目だった眠たいという気持ちが1番の欲求となります。

そうすると今度は眠たくなってくるのです。

このような様々な理由で食後には眠たくなるのです。

という事で今日は食後の眠気のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.20

エコー(超音波観察装置)

エコー(超音波観察装置)。

おなかの中の赤ちゃんの状態をみたり、内臓の状態をみたりという事で経験された事がある方もいると思います。

実はこのエコーで骨折や肉離れ、腱鞘炎などの症状も見る事ができる事をご存知でしょうか?

エコーにも色々と周波数があり、その周波数によって、内臓をみる事ができたり骨を見る事ができたしります。

骨折なんかに関しましてはやはりレントゲンの方がはっきりと見えますが、場所によってはレントゲンでは見えにくい骨折がエコーでははっきりとわかったりする事もあります。

肉離れなどの場合、レントゲンに筋肉はうつりませんのでどういう状態なのかはわかりませんが、エコーでは筋肉なんかも見えるので、筋肉のどこが切れているのか、また、どの程度切れているのか、出血はどの程度あるのかなどもわかります。

腱鞘炎なんかもきれいに腱鞘部分の腫れている様子を見る事ができます。

なかなか優れものです。

以前いた接骨院にはエコーはあったのですが、私の整骨院には今の所ありません。
高価なものなので…。

余裕ができたら導入したいなぁと思っております。

という事で、今日はエコー(超音波観察装置)のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(1) 

    2005

10.19

マイナスイオン

マイナスイオン。

皆さんも一度はこの言葉を聞いた事があると思います。

雷や滝の近くではマイナスイオンが発生しているようです。
昔から雷の多い年は豊作になると言われているのはこの為だと思われます。

では、なぜマイナスイオンが体にいいのでしょう。

全ての動植物の体は主にタンパク質で構成されています。そのタンパク質は窒素なしでは作れません。すなわち窒素はどんな生物にとっても絶対に必要な元素なのです。

窒素は空気中にいくらでもあるのですが、大半の動植物はそのままでは窒素を利用できず、窒素が窒素化合物になった時に初めて利用できるようになります。

マイナスイオンとはマイナスの電気が空中に放電されたもので、マイナスイオンによって窒素は酸素と化学的に結びつき、窒素化合物を生成します。

そうなる事で空気中の窒素は生物に利用できるようになり、健康が保たれるという事になります。

という事で今日はマイナスイオンのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.19

干渉波治療器

干渉波治療器。

皆さんは干渉波治療器というものをご存知でしょうか?

整骨院なんかに行くと、4つ位の吸盤をつけられて電気を流すあの機械です。

ところで、干渉波とは一体なんなのでしょう。

干渉波とは

周波数が4000Hz以上になると、人体への皮膚透過率が高くなる事を利用したもので、例えば4000Hzと4100Hzの周波数の電流を生体に流すと、その差である100Hzのうなり周波数が体内で作り出され、このうなり周波数を干渉波といいます。

すなわち、皮膚へのピリピリ感・刺激感をより少なくして、より深い所に電気を流そうという機械が干渉波治療器です。

低周波治療器よりも深くまで電気が入って行きますので、より深い所の治療が可能となります。

最近では高周波治療器なども出てきてますので、さらに深い所の治療も可能となってきております。

という事で今日は干渉波治療器のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(4) 

    2005

10.17

ソリティア

ソリティア。

ソリティアとは、Windowsなどに始めから入っているゲームです。
簡単に言うと、トランプを13から1まで並べて行くゲームです。

私は最近このゲームにはまっております。

なぜこのゲームにはまったかと言いますと、
私の整骨院の女性スタッフがこのゲームが上手で、いつもバカにされているからです。

そのゲームは初級、中級、上級と3つのコースがあるのですが、私は始めは初級でもクリアする事がままならない状態でした。
そんな中、その女性スタッフは上級をクリアできる実力の持ち主でした。

なので、いつの日にか見返してやろうと思い、最近毎日帰ってきてから秘密の特訓をしております。
今では中級はクリアできるようになってきました。

この調子で行けば、そのうち上級もクリアできるようになるのではないかと思っております。その日まで頑張ろうと思っております。

という事で、今日はちょっと生き抜きでソリティアのお話でした。

ちなみに、当院では指圧などは行っておりますが、マッサージは現在の所誠に申し訳ありませんが行っておりません。
今後、実費(30分3000円程度)にてタイ式マッサージを導入しようかと考えております。(土曜日のみ完全予約制)
ご希望の方がありましたら御連絡をいただけると幸いです。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.16

抗生物質

抗生物質。

誰でも一度は飲んだ事があるのではないかと思います。
が、一体どんな薬なのでしょうか?

抗生物質とは細菌を殺すための薬です。
よって、細菌感染の為に症状が出ている時に飲むと効果を発揮します。

細菌感染によるものは色々と種類がありますが、風邪やインフルエンザは細菌の感染ではなく、ウイルスの感染によるものです。

なので、純粋な風邪やインフルエンザの際に抗生物質を飲んでも意味がありません。

風邪はウイルス感染ですが、風邪と同じような症状を呈する細菌感染の物もありますので、風邪症状が出た場合に抗生物質を飲む必要がないという事でもありません。

その辺は専門医にちゃんと判断してもらわないといけません。

ちなみに、以前まではウイルスを殺す薬はなかったのですが、最近ではそういう薬も出来ていますので、インフルエンザなんかも治りが早くなりました。

という事で今日は抗生物質のお話でした。

ところで、以前書きました、
「腰痛をめぐる常識の嘘」という本を今日買ってきました。

「腰痛をめぐる常識の嘘」、「続・腰痛をめぐる常識の嘘」と2種類出てるのですが、「腰痛をめぐる常識の嘘」の方は在庫がなく、今日は買う事ができませんでした。

という事で、明日から「続・腰痛をめぐる常識の嘘」を待合室の本棚に置いておきます。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.14

柔道整復師

柔道整復師。

みなさんはこの言葉を聞いた事がありますでしょうか?

柔道整復師とは、
簡単にいうと、整骨院を開業するための国家資格です。

ですので、整骨院を開業されている先生方は、
みな柔道整復師です。

ではなぜこのような名前になったのでしょうか。

そこで、柔道整復師について少し説明させていただきます。


戦国時代に「殺法」、「活法」というものがあり、殺法とは武技そのもので、投げ技・関節技・締技などがすべて殺法に属します。一方、活法とは傷ついた者の治療法、手当てであり、骨折・脱臼・打撲・捻挫などの外傷を治すものであります。

この殺法と活法は「文武」の道として表裏一体となって進歩発展し、殺法は武術の殺戮手段として用いられてきましたが、時代の変遷とともにその一部はスポーツの中に組み入れられながら現在行われています。一方、活法は医療の一部として柔道整復術へとそれぞれ発展して今日に至っています。

その柔道整復術を行う者が柔道整復師であります。

現在、柔道整復師は国家資格となっており、3年間の専門学校での教育後に国家試験を受け、合格後は開業及び各種保険の取り扱いが出来るようになっています。

以前は「柔道の相当の実力」というのが学校入学のための条件でありましたが、現在は「柔道の素養」へと変わってきています。


少しは柔道整復師というものが
わかっていただけましたでしょうか?

という事で、今日は柔道整復師のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.13

悪寒

悪寒。

誰でも1度は体験した事があると思います。

しかし、なぜ悪寒がするのでしょうか?

人間には冷暖房機器の様に設定温度というものがあります。
正常な時には大体36度前後に設定されています。

そのおかげで人間の体温は36度前後に保たれている訳です。

が、ウイルスや細菌が体内に入ってくると、
その設定温度が狂ってしまいます。

例えば、設定温度が40度になってしまった場合、
体温が40度になるように、体は頑張ります。

しかし、設定温度が狂った直後は、
設定は40度になっているのに、体温は36度前後。

という事は、頭の中にある設定温度と実際の体温との間に
4度の差がある事になります。

ので、すごく寒く感じるのです。

体温が40度まであがると、悪寒はとまります。

そして回復してくると、
設定温度が36度に戻ります。
そうすると、今度は逆の現象が起こり、今度は異常に暑くなり、汗をたくさんかきます。

悪寒はこういう仕組みで起こっているのです。

よって、悪寒がとまるとそれ以上は熱は上がりませんし、
悪寒が続いている間は熱が上がり続けます。

という事で、今日は悪寒のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.12

シップのお話

シップ。

シップにも色々と種類がありますが、
おおまかにわけますと、
冷シップと温シップに分ける事ができるのではないかと思います。

で、よく
「冷シップと温シップのどちらを使う方がよいのか?」
と質問されます。

色々と考え方はあるとは思いますが、
私はいつも冷シップを勧めております。

温シップは唐辛子の成分を使っている物が多く、
かぶれ易いようです。

また、炎症などが起こっている場合に、
不用意に温めると症状が悪化する事があります。

しかし、本当に痛みが強いような時には、
氷で冷やすのが一番だと思います。

冷やし方としましては、
ビニール袋の中に氷をいれ、その中に少し塩をいれ、
その袋をタオルなどを当てずに直接痛みの出ている部分に20分程度当てるといった方法です。

はじめはしばらく冷たさの為に痛みますが、
5分程度で慣れてきます。

もし、5分以上たっても痛みがおさまらないような時には、
1度その袋を皮膚から離してください。

凍傷になる恐れもありますので…。

ところで、冷やすと血行が悪くなるのではないかという考えもでてきそうですが、それは違います。

急激に氷で冷やす事で、確かにはじめのうちは血管は収縮し、血流は悪くなります。
が、そのまま冷やし続ける事でその状況に慣れてきて、血管は元の大きさに戻ります。
で、しばらく冷やした後、氷袋を離すと今度は皮膚が急に温かくなり、今度は血管が拡張し血流が良くなります。

という事で、冷やすと血流が悪くなるというのは、全てが正しいという訳ではないのです。

また、冷やす際には急激に冷やすという所がポイントです。

温めると確かに血流はよくなります。
が、温めた後に急に冷えると今度は逆に血流が悪くなってしまい、痛みが強くなってしまう事もありますので、特にお風呂上りなんかでゆっくりと温めた後には急に冷えないように注意が必要です。

という事で、当院では冷シップをおすすめしております。
まあ、冷シップでは少し冷え方は足りませんが…。

しかし痛み止めの成分なんかも入ったりしてますので、
痛みの緩和にはなると思います。

という事で、今日はシップのお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(1) 

    2005

10.11

40肩、50肩

40肩、50肩。
お悩みの方も多いのではないかと思います。

40代、50代の方に多いのでそういう名前がついたみたいです。
正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。

しかし、その他の年代の方にも起こります。

教科書によってはほっといたら治るみたいな事が
書いてあったりします。

が、かなり痛みが強いので、ほっとくというのもつらいと思いますし、痛みがある為にあまり動かさないでいると、今度は肩の動きに制限が出てきます。

かといって、痛みが強いうちに無理して動かすと症状が悪化してしまう恐れがあります。

こういう時にはやはり筋肉を緩めてあげ、少しでも痛みを取ってあげる事が重要だと思います。

漢方薬も効果があるようです。

当院では漢方薬の取り扱いは出来ませんが、
漢方薬を取り扱っている病院を紹介する事はできますので、
もし漢方薬に興味があるようでしたら、一度ご相談下さい。

完治までの期間は人によってかなりの差があり、
長い方だと2~3年かかる事もありますので、焦らずに治療を続ける必要があります。

という事で、今日は40肩、50肩のお話でした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.10

帰福

週末の勉強会も無事に終了し、福岡に帰ってきました。
ハードスケジュールでしたが、
色々と参考になる事がたくさんあり、有意義な勉強会でした。

今回勉強して来た事を、
今後みなさんの為に役立てて行ければ、
と思っております。

という事で、今日はちょっと短いですが、この辺で。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.07

明日から勉強会

昨日も書きましたように、
明日から勉強会にでかける事になりました。
その為、2日間不在となりますので、
書き込みができません。

という事で、ご了承下さい。

次は10/10に更新の予定です。

今日は腰痛に関して面白い本がありますので
紹介させていただきます。
「腰痛をめぐる常識の嘘」、「続・腰痛をめぐる常識の嘘」
という本です。
Googleなどで検索すると出てくると思います。

この本は、腰痛に関してこれまで常識と思われてきた間違えた常識について書いてあります。
たとえば、
椎間板ヘルニアがレントゲン写真に写っていても腰痛がない人もいる…
などです。

腰痛でお悩みで、
病院などで椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などと言われた方などが読まれると参考になるのではないかと思います。

今度整骨院にも買っておいておきたいと思っている本です。

よかったら本屋さんででも見てみて下さい。

私も整骨院で購入しましたら、ご報告させていただきます。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

10.06

今週末のお知らせ

今週末は勉強会等があります。

当院は土曜日は13:00まで受付なのですが、
14:00の電車に乗らないといけません。
ちなみに博多駅からです。

という事は、当院は天神にありますので、
13:00過ぎには整骨院を出ないといけません。

ですので、
土曜日は13:00まで受付ですが、
時間ぎりぎりに来られた場合は、あまり時間がありませんので、
施術時間も短くなってしまいます事をご了承下さい。

という事で、今日はお知らせでした。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.05

保険外

α21DX。

ホームページをご覧になれれた方はどんな機械だか
ある程度想像できると思います。

この機械は、
・温熱療法(ドライサウナ)
・マッサージ療法(バイブレーション)
・アロマテラピー
・ミュージックセラピー
を一度に行える機械になります。

カプセル型になっていて、
その中に入っていただく形になります。

なぜこの機械を導入したかといいますと…

以前働いていた接骨院に冬の寒いある日の昼休み、このα21DXのデモが来ました。
ワゴンのような車にこの機械を載せて、やってきました。
「少し乗ってみられませんか」
という事で少し乗ってみる事にしました。

乗ってみたら、バイブレーションとアロマの香り、そして中の温度の心地よさに、10分程の時間でしたが、すぐに眠ってしまう程気持ちがよかったのです。

結局以前いた接骨院ではその機械は導入されませんでしたが、
私が自分で開業する時には是非いれたいと思ったものでした。

で、ついに、その時がやってきました。

という事で、導入した訳であります。

ちなみに、実際は25分乗ってもらいます。
どうしても時間がない方は時間の変更もできますので、お気軽にお申し付け下さい。

なお、洋服は着たままで大丈夫ですが、
コースによってはかなり汗をかく事もありますので、
そういうコースをご希望される方はお着替えを用意される事をお勧めいたします。

ダイエットコースだと中の温度が79度位になります。

現在、初回無料サービスを実施しておりますので、
是非、一度乗ってみて下さい。

α21DXだけをご利用したいという方は、保険適応となりませんので、保険証は必要ありません。

未分類トラックバック(0)  コメント(2) 

    2005

10.04

予約

よく健康保険が使えるのか、予約は必要なのか等の質問を受ける事があります。

お答えと致しましては、

健康保険は使えます。
予約は当整骨院では今の所必要ありません。

です。

ただ、ダイエットなどに関しましては、
保険適用とならないので、実費で頂いております。

といいましても、1回500円~1000円程度です。

まずはお気軽にお尋ね下さい。

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

    2005

10.03

はじめまして

はじめまして。

後藤整骨院の後藤と申します。

福岡で整骨院を開業しております。

このページでは私が色々と勉強してきた知識やお得情報などを
書き綴って行きたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

未分類トラックバック(0)  コメント(3) 

 |TOP

SEO対策:福岡天神健康美容ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。